人気もある試験監督のバイト

厳しいイメージのある「試験監督」のバイト。試験監督のアルバイト募集が始まるのは、やはり試験が行われる時期です。

「難しそう」「大変そう」「覚えることが多そう」といった印象が強いですが、実は試験監督は人気のアルバイトのひとつ。
なぜ人気なのかと言いますと、まず試験監督のアルバイトには資格が必要ありません。また継続した仕事ではなく単発なので短期バイトを求めている人に支持されています。
もし単発や短期のアルバイトを探しているなら検討してみるとよいでしょう。試験監督の目的は試験が問題なく終わるよう、しっかり監理すること。
監理の中には“不正”も含まれますので、不正が行われないように目を光らせなければなりません。
不正が行われてしまったあとでは意味がありませんから、大切なのは“不正が行われる前に見つける”こと。ですので、試験監督のアルバイトは責任感を要求される仕事と言えるでしょう。
また試験監督は大勢を相手にしなければなりません。注目を浴びることも多いため、実際にアルバイトを経験した人は「緊張した」と語ります。
人の視線や注目が苦手な人には少し厳しい仕事かもしれません。反対に、人の視線や注目が平気な人には向いている仕事です。

 

試験監督の仕事内容っていったい?

試験監督の仕事内容は“試験を問題なく進行させること”ですが、それでは具体的になにをすればよいのでしょうか。
上でも書いたとおりですが試験中の問題と言われて真っ先に思い浮かべるのが「不正」です。不正が行われないようチェックします。
それから受験生の誘導も仕事に含まれます。試験が始まる前には注意点を知らせ、試験用紙なども確認もします。
試験の最中についてですが、もちろんボーっとしているわけではありません。しっかりと見回りをし、質問があった場合には対応もします。
また受験生の年齢層が小学生などで低めの場合、声を上げたりする子供もいるため“注意”という仕事も出てきます。
受験生の監理というのは意外と大変なもの。また、試験監督のアルバイトは拘束時間もやや長めとなっています。
半日程度で終わる試験であればそれほどではありませんが、1日がかりとなると朝から晩までといった感じですね。
受験生よりも早く集合してマニュアルの確認などをしなければなりませんし、試験が終わってすぐに帰れるとも限りません。
なお、試験はなにかと“時間”が重要になっているため、時間厳守が原則です。